加圧シャツの体幹トレーニング効果

加圧シャツの体幹トレーニング効果

加圧シャツには、体幹トレーニング効果があります。

 

体幹トレーニングの「体幹」とは、文字通り、身体の幹(みき)のことです。身体の中心を意味していると考えて良いです。

 

では具体的に体幹の場所はどこなのかと言うと、身体の胴体部分のことです。詳しく言えば、脊柱を中心とした胴体の外側・内側の筋肉や腹筋、肩甲骨、股関節などのことを指しています。

 

体幹の概念は、インナーマッスルに似ていますが、インナーマッスルは筋肉の部位ではなく深さを指す概念で、体幹は体のコア、胴体の筋肉を指す概念という違いがあります。

 

体幹とは身体の幹(みき)のことで、具体的には身体の胴体部分を指します。インナーマッスルと似ていますが、微妙に異なる概念です。

 

体幹を鍛えることで得られる効果

体幹を鍛えることで得られる、体幹トレーニング効果は様々な領域に及びますが、大きくは次の7つがあげられます。

 

腰回りの筋肉が鍛えられることによる「ぽっこりお腹」の改善

腰回りの筋肉が衰えていて、内臓を支えきれなくなっていると、ぽっこりお腹になってしまいます。体幹トレーニングを継続すれば、腰回りの筋トレ効果によって、内臓をしっかり支えられるようになり、ぽっこりお腹が改善されます。

 

内臓が正しい位置になることによる便秘などの改善

腰回りの筋肉が鍛えられると、内臓の位置が正常に戻るため、内臓のズレによって生じていた便秘や消化不良などの症状が改善されます。

 

姿勢が良くなる

体の中心部分の筋肉が鍛えられることで、全身をしっかり支えられるようになるため、姿勢が良くなります。姿勢が良くなる結果として、腰痛や肩こりなどの症状の改善も期待できます。

 

体の見た目のラインが美しくなる

体幹を鍛えることで、姿勢が良くなり、、健康的で美しいボディラインを作ることができます。美ボディを目指したい場合も、体幹トレーニングは有効です。

 

持久力が上がり、疲れ難い身体になる

体幹が弱いと、持久力が下がるだけでなく、上半身がブレやすくなり、首・肩・ひざの関節部分に負担が増します。体幹を強化すると、余分な負担を減らすことができ、より効率的に有酸素運動などの長時間の運動もできるため、疲れにくい体になって行きます。

 

スポーツを楽しめるようになる

体幹が弱っていると、スポーツや筋肉トレーニングの時に、一部の筋肉だけを使ってしまいがちで、思うようにスポーツの成果や筋トレの効果が出せません。

 

体幹トレーニングで体幹を強化すると、体幹の筋肉が上手に使えるようになるため、運動パフォーマンスが向上します。体幹を鍛えることで、体が動かしやすくなり、スポーツやトレーニングを楽しめるようになります。

 

骨盤がしっかり支えられ出産への準備にもなる

女性の出産時には骨盤が重要になります。妊娠中は、お腹周りの筋肉で骨盤を適切な位置に調整し、赤ちゃんをしっかり支える必要があります。

 

女性はもともと男性よりも筋肉量が少ないため、骨盤が不安定になりがちですが、体幹を強化しておくことで、出産への備えにもなります。

 

体幹は身体の中心に位置するもので、体幹を鍛えることで、身体の様々な機能を改善する効果があります。

 

体幹トレーニングの補助として加圧シャツは最適

体幹トレーニングは、身体が温まっていない朝は避け、昼間以降の夕方など、活動的な時間に行うのが効果的とされています。

 

体幹トレーニングは、アウターマッスルのトレーニングのような負荷の高い筋トレでは無いため、食事を摂った後でも問題無く行うことが出来ます。

 

体幹を鍛えるには、負荷の高い激しいトレーニングを行うよりも、負荷は低くても地道に長期間継続することが重要になってきます。

 

加圧シャツは、着ている間中、常時身体に負荷を与えることが出来るので、体幹トレーニングの補助として最適です。

 

加圧シャツは、体幹トレーニングの補助として最適なトレーニング用品(ウェア)です。

 

加圧シャツTOP

TOPページでは『加圧シャツの7つの効果』を解説し、男女別にいまオススメの加圧シャツをランキング形式で紹介しています。