HMBの安全性

HMBの安全性

HMBは、もともと人間の体内でも生成されているものなので、安全性が高いと考えられています。

 

筋肉増強のためには、1970年代からステロイド(アナボリックステロイド)などが用いられてきましたが、心臓や肝臓の障害が発生する副作用があるなど、危険性が大きいことが判明しています。

 

このため、筋肉増大のためのものというと、副作用が大きいという印象があるかも知れませんが、多くはステロイド(アナボリックステロイド)特有のマイナス点に起因するものです。

 

HMBは元々人体に存在する物質なので、比較的安全性が高いと考えられています。

 

HMBの摂取推奨量

HMBが安全と言っても、あまりに過剰に摂取すれば問題が生じる可能性もあります。

 

HMBの適切な摂取量は、標準的な身長・体重の成人男性を想定した場合、1日あたり3,000mg(3g)程度と考えられています。

 

これは、3,000mg(3g)程度が最も筋肉量を増大させる効果が大きいという意味です。もちろん個人差はありますし、女性の場合はもう少し低い水準になると考えて良いです。

 

HMBの摂取推奨量を前提に考えると、HMBは食品からも摂取されることを考慮すると、サプリメント類での摂取量は1日あたり2,000mg(2g)程度と考えておくと良いでしょう。

 

HMBの筋肉増大効果が最も高くなるのは、成人男性で1日あたり3,000mg(3g)程度と考えられています。

 

加圧シャツTOP

TOPページでは『加圧シャツの7つの効果』を解説し、男女別にいまオススメの加圧シャツをランキング形式で紹介しています。